種をまく人 (2016) レビュー (日本語)

bannersower.png

「竹内洋介。彼は明確なヴィジョンを持った映画監督であり、それを誠実に銀幕に描き出すことのできる才能を証明した。人間模様を描く彼の次回作を、我々は待ちきれない。」

導入

映画の物語が、有名な画家の芸術と人生に触発されることは、珍しいことだ。映画「種をまく人」の場合で言うと、オランダの画家・ヴィンセント・ヴァン・ゴッホの人生、より具体的に言えば「種をまく人」や「ひまわり」の絵画、これらの要素が一体化し、物語を竹内洋介に紡がせた。

Continue reading