映画監督との話し合い: Takeuchi Yosuke [日本語]

“しかし彼らと接すれば接するほど、障害というものが個性の一部だと思うようになってくるような気がします。なぜならば、彼らから大きな力を得ることがとても多いからです。”